友達が歯科助手に

大学時代の友人が歯科助手になったと先日聞きました。彼女は大学を卒業してからしばらくは本屋でアルバイトをしていたのですが、歯科助手の正社員募集に応募したところ無事採用になったと電話で嬉しそうに教えてくれました。

私は、歯科助手になるには資格が必要だと思っていたのですが、そんなことはないようでした。ちなみにその子は歯科衛生士の専門学校へ通っています。

昔から歯科助手のコスチュームに憧れていたという彼女は、希望の職に就けたと喜んでいましたが、話を聞いていると仕事内容はなかなか大変らしいです。
今はカウンターで、主に年配の方々に対しての受付業務をしているようでしたが、覚えなければならない専門知識が山のようにあり、仕事が終わってから勉強をする毎日なんだとか。今は歯医者にもメイドコスチュームがあったりするんですね…!

また職場には女性が多く、何かと気を使わなくてはいけない場面が多く、慣れるまでは気疲れしていまいそうだと言っていました。逆に歯科助手になって良かったことも色々話してくれました。

一つにはやはりあのコスチュームを着れることが嬉しいようでした。私はあまり共感できませんでしたが、好きな人にとっては堪らないのでしょうか。

また歯医者に来る方々の多くは、一度の治療で完治せずに継続的に通院しなくてはいけないので、何度も顔を合わせている内に仲良くなれるそうです。

お客さんから感謝の言葉を言ってもらえた時が一番嬉しいと彼女は言っていましたが、それはどんな仕事でも一緒ですね。歯科助手の仕事も楽ではないが楽しいこともたくさんあるよ、と彼女は言っていました。