歯科助手と歯科衛生士の違い

歯医者に行ってまずお世話になるのが歯科助手。受付のお姉さんがそうです。名前が呼ばれて診療台に上がり、治療の際にお世話になるのが歯科医師と歯科衛生士。

ドリルで削るのが先生で、削った粉や水しぶきを吸引するバキュームを持つのが歯科衛生士。歯科衛生士は医療行為はしませんが、歯を健康に保つための予防に大切な役割を果たす歯石取りやブラッシング指導なども行います。

幼稚園などで大きな歯の模型を手に歯の上手な磨き方を教えてくれるのも歯科衛生士です。患者としてみれば、歯科助手と歯科衛生士の区別はあまり気にしないところですが、じつはできることの範囲がかなり違います。

国家資格を有する歯科衛生士は口腔ケアの専門家ですが、歯科助手は受け付け業務や医師のサポートとして医療器具を手渡しするなど、歯科医療をサポートする仕事です。歯科助手は国家資格ではなく民間の資格になりますが、通信講座などで学ぶ必要があります。
簡単そうに思えますが、歯科助手の役割は重要です。とある歯科医師は次のように話してくれました。「歯医者って、だれでも苦手じゃないですか。そんな嫌なところに来て、一番最初に顔を合わせるのが歯科助手なんですよ。

どんなに院内をおしゃれにしても、明るい待合室にしても、歯科助手の笑顔やフレンドリーな対応にまさるものはないんです。

医師や歯科衛生士は手元の細かい仕事に没頭していて、ともすると患者さんに目が行き届かなかったりすることもある。そこを歯科助手が明るい言葉かけで和ませてくれると、ぼくらもほっとするんですよ」。

歯科助手は、歯科医院の雰囲気を決め、全体が上手くまわるように気を配って雑務を一手に引き受けるムードメーカーのような存在なんですね。